スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

小山登美夫のセミナー3

アーティストてどんな人?
25歳 アルバイト 芸際で絵が売れる(30万)
アルバイトやめたほうがいいですか
インプットする場所があり絵ができている 辞めなくても良いよ
インプットする場所も必要

35歳 居酒屋店長、家で絵を描いていて デビューする
33歳 油絵を描いて、 辞める 10年間音楽活動して、 最近絵をまた描きはじめる

年に一回やるとか
展覧会をやる為にアートをしてるとかじゃない
惰性でやっているのはダメ
描いていることに リアリティがあるか 面白さがあるか 
忘れてはいけない、何で絵をやっているかが大切なこと

展覧会で同じ絵を何枚か展示しているなぜ?
表現するための技術がすぐに上手くいくことないということ
何回も実験している。
1枚の絵で完成ではなく、展覧会としての完成をめざしいる統一感

ギャラリーの絵の売る人は誰ですか?
コレクター(美術が好きな人、買うことで表現している人)
美術館
TKG(一般)

アーティストに学歴や経歴は関係しますか?
関係しない、そこはあまり見ていない、
絵が面白ければそれで良い
ただ 学歴や経歴のある人は技術がクリアーしている場合が多い

日本のアートのマーケット
コンテンポラリー と 古い画壇の体制がある。
パワーゲームがあり
コンテンポラリーにいかに魅力をつくるか

絵のおもしろさとは?
ギャラリーとして 面白い、なんで面白かをさぐること
例 作られた花は美しくない 花は美しい 
表現 まじめ、ギリギリ感、技術(テーマをどうやって描いてのこしているか)

コンセプトとは?
最近 命、宇宙とか壮大な人が多いが
もっと身近な問題で、なんで描いているかと
なぜおもしろいと思うのかとか
事実やリアリティのほうが重要

表現をどうやって技術にするか
色、形、線、構成、いかに技術をクリアーするか
それでおもしろがらせられるか

戦略的にアートをやるより 
自分の考えや思いや好きなものとか
嫌いなことや、リアリティのほうが重要

芸術の歴史を分析してもしかない
本読んでもしかたない

作品を作ってください。。。。。

1時間半の短い時間でしたが、勉強になりました。
ありがとうございました。

でも 人の話を聞いても本を読んでも 半分しか聞いてはいけない
後半分は自分で考えないといけない

僕の 師匠が言っていたな~
”教科書ですら疑ってかかりなさい”て~
人間の書いたものの答えが正しいかどうかわからないから

答えは自分で探さないと ものを作ることにならないんだろうな~

スポンサーサイト

2009.07.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

IP

Author:IP
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。