スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

教養

150712C.jpg
絵を10年くらい描いてると 下手でも自分なりに描けるようになる。
そこからが問題になる ”何を描く” かの模索に入る。 
僕は絵を描くことより半分の時間は本を読んだり違うことをしている。
でも良い絵を描けたらそれで良いという考えもある。
まず絵を描けというのもある。
先日平山郁夫さんの本を読むと 教養のことが書いてあった。
教養はアイデアを生むし、身を守るものでもあるようなことを書いてた。
僕にとっては痛い言葉で 勉強しなくて好きな絵を描けば良いだったのが。。。
最近になって思う 一般教養大事です。 
でもこういう考えもある 勉強のことを考えた人 遊びのことを考えた人
この考えた時間の価値にどちらが良いともいえない どちらも考えた時間ていうのもある。

僕が絵の先生に教わった言葉
”教科書でも疑ってかかれ”です 世の中は答えに近いことはあるが答えはない です。
 

スポンサーサイト

2015.07.13 | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

IP

Author:IP
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。