スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

う~ん 書いとこ

120317.jpg
吉本隆明さんが3月16日にお亡くなりになりました。

僕が吉本さんを知ったのは
何年か前にテレビを見ていた時です。
芸術言語論という公演の映像を見た時です。
(糸井さんがプロデュースしたものですかね)

言葉の考えている量がぜんぜん違う感じがして。。。
それに僕らにもわかるように説明されていて共感がもてた。

吉本さんの本は何冊か読んでみた。
その中でも 芸術言語論 のなかのこの一文が心に残っています。
(少し抜粋します。すみません)



僕は言葉の本質についてこう考えます。
言葉はコミニケーションの手段や機能ではない。
それは枝葉の問題で根幹は沈黙だよ、と。
沈黙とは、内心の言葉を主体とし、
自己が自己と問答することです。
自分が心の中で自分に言葉を発し、
問いかけることが、まず根底にあるんです。
友人同士でひっきりなしにメールで、
いつまでも他愛のないおしゃべりを続けていても、
言葉の根も幹も育ちません。
それは貧しい木の先についた、
貧しい葉っぱのようなものです。
本質は沈黙にあるということ、
そのことを徹底的に考えること。
僕が若い人に言えるとしたら、それしかありません。


 
吉本さんと僕らのインターネットの進化した時代ではかなり違います。
でも 考えさせられる言葉です。 
いろんな考え方があるとは思います。。。

この一文は、僕が作品を作る時にひかかってきます。

 



スポンサーサイト

2012.03.18 | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

IP

Author:IP
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。