スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

美術作家シュウゾウ・アヅチ・ガリバーの公演

120.jpg
美術作家シュウゾウ・アヅチ・ガリバーの公演に参加しました。

コンセプチャルな現代美術作家か、哲学者と言うべきか、勉強になる話でした。
その時の話と自分の考えを少し混ぜて書いてみます。
(僕なりの考えなので間違えているおそれもあります。)

ヨーゼフ・ボイス の言った言葉で この世は 「 ~ 術しかない 」といったそうです。
この術というのが面白いと思いました 例えば 忍術、錬金術、魔術とか 芸術とか
どれも 若干うさんくさいような 気もしてきます。
僕がはじめて ~術 と出会ったのは 6歳の時でした。

親の仕事上 引越して、保育所で絵描いた時 暗く狭い絵を描いていたんです。
それを親が心配して子供アトリエに行くことになりました。

子供アトリエで描いた絵が 「シャワー絵」と言うものでした。
描いたというより 紙を斜めにして絵の具を上からたらして 
水をシャワーでかけて 流して絵をつくる遊びをしていました。

その瞬間に 面白い と思いました。
面白いと思ったのは 2つあります。
1つめは 紙が宝石に変わること   (おおげさすぎですね。色をつけて紙にぬれば綺麗になること)
2つめは 絵を描かなくてもできること(楽してええもん作れるな)
と思いました。 
それから 画面にはみ出す絵を描き始めて
明るい色を使えるようになりました。

その時が ~術 と出会った時でしたね。それが芸術かもしれない
あの時にとりつかれてしまったんだなと思いました・・・・・

また
話とか聞いていると直感で頭に言葉が浮かぶ瞬間があります。
(もちろん1つの考えで 他の考えもあります。瞬間に考えたことです。)

恐怖とはどこからくるのか・・・
自分に考えがないとことを意味する。
だから、考えつづけないといけない
考えた量は、価値になり その人の価値になる。

絵を描いていると イマジネーションと言葉は 落ちてきます。
たまに スルー してるときもありますが・・・








スポンサーサイト

2010.03.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

IP

Author:IP
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。